クライス・フルート・ソロイスツ vol 158

0
     変奏曲ばかり集めた面白いプログラム、奏者は面白くも汗かきかきの大変な曲揃い!

    1曲目のトゥルー、最初の和音をパーン!と格好良く弾くはずだったのに・・・今日の高い湿度のせいか
    コモッと音が出て、ショック。みなさんゴメンナサイ。”庭の千草”の楚々とした穏やかなメロディーが、最後の変奏には華やか豪快な盛り上がりに豹変するのである。
    ゲネプロの時、”速いですねー”と麻里子たん。”ホント、速いですよねー!”と驚く私。まてよ、あ、そうだった、その変奏には前奏があるのだから、テンポの決定権は私だった。

    2曲目は
    クーラウ、このところ毎月プログラムに登場する作曲家だ。フルートもピアノも楽器の魅力を100%引き出し てくれる。ピアノも伴奏ではなく対等に活躍する。ピアニズムを熟知している作曲家の作品はとても弾きやすく、音楽の流れもとても自然に感じる。

    3曲目
    はヴェニスの謝肉祭、フルートは超技巧的な変奏曲だが、ピアノは極めて単調な楽ちん伴奏である。
    フルートの華麗な演奏で前半終わり。

    休憩、ワインで一息。みなさんとおしゃべり、これも楽しい一時です。

    4曲目はシューベルト、これも名曲でピアノもとても大変である。しかも今回は全部繰り返ししたので演奏時間の長いこと!オクターヴの連続、特に後半の跳躍は、いかにものピアノテクニックだ! ヒー!!

    最後はドップラー、クーラウに負けずフルートの音色メカニックを存分に発揮出来るよう作曲されている。そして明るく楽しい!!

    アンコールはフォーレのドリーから第一曲。気持ちも穏やかになって、おしまい。

    今回のコラムを書いたのだが、年の離れた妹が今流行の”食べるラー油”をご飯に乗せながら一言
    ”まとまりがないね。はっきり言って理系のアタシよりヒドイわよ。”
    エーーー!



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    時計

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:3081 最後に更新した日:2018/05/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM