CODE:Veronica その2

0
    女王蟻のオブジェをゲットし、ホッと一息ついていた。
    ”やらして、やらして!”
    がドスドスと近寄ってきた。
    まあ、いいか。今回はVery easyモードだから弾もたっぷりあるし、敵は倒したばっかりで、当分出て来ないから安全。
    ”どこへ行けばいいの?”
    私”じゃ、後ろへ行って、右折して突き当たりのドアへ入って。”
    クレアが壁に身体をこすりつけている。
    ”動かないよう!どれを押せばいいのサー”
    妹がネコを叱りつけるように叫ぶ。
    妹”Aボタンだよ、Aボタンッ!!”
    クレアが動き始めた・・・おおっと、反対方向だぁ!
    妹”そっちじゃないったら!下、下、下!!!”
    ネコはますます操作がヘタクソになった。
    猫”だってコントローラーが使いにくいからー”
    妹”違うったら!こっちでショッ!!!”
    クレアが行かなくても良い方へ行っちゃって、ゾンビにかじられた。
    猫”あ、パソコンが何かおかしい・・・”
    サササ・・・
    逃げてった。



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    時計

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:3205 最後に更新した日:2018/09/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM