クライス・フルート・ソロイスツ vol.135

0
    新しい会場での第1回。ここのピアノに触るのも初めてだったのでちょっとドキドキ。
    フルコンと比べると可愛らしいサイズでありながら、タッチはやっぱりスタインウェイ。ゲネプロでフルートの聞こえ具合と共に、ピアノの調子を伺う。音色とかペダルの踏み具合とかチェック。

    ピ”どうじゃ。何か不満でもあるのか?”
    私”ハハーッ!滅相もない。弾かせて頂き、ありがたき幸せーッ!”

    ・・・のような力関係である。

    今日は、ドレスに合わせて白いパンプス。久しぶりに履き、しかも演奏会では初めて使うので、ゲネプロでは普段着のパンツにパンプスという変な格好だった。

    外界の音、空調の音を一切遮断した空間と集中力を高めてくれる明るい照明の中、お客様の暖かい拍手に後押しされ、全速力で演奏できた一夜であった。


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:3389 最後に更新した日:2019/03/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM